楠部弥弌

くすべやいち
工芸作家 1897(明治30) - 1984(昭和59)

京都に生まれる。製陶技術を京都市立陶磁器試験場付属伝習所に学ぶ。1920年には作陶家集団「赤土社」を結成し、芸術としての陶芸を追求する姿勢を明らかにした。同時に中国、朝鮮や日本の伝統的な焼き物を深く研究し、幅広い表現が現代的感覚によって創作された。 帝展、日展といった展覧会を中心に活躍しながらも、後進の指導に情熱を傾け、多くの陶芸家の育成に尽力した。1962年、日本芸術院会員となり、1978年、文化勲章受賞。

楠部弥弌「彩埏初夏香炉」
楠部弥弌「彩埏初夏香炉」
楠部弥弌作品の所定鑑定人・鑑定機関
 楠部敦子
 東京美術倶楽部鑑定委員会
楠部弥弌の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名楠部弥弌
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×