鈴木長吉

すずきちょうきち
工芸作家 1848(嘉永元) - 1919(大正8)

金工家。蠟型鋳造を学んだ後、起立工商会社に勤務し、内外の博覧会向けの大型作品を数多く制作する。代表作は、明治26年のシカゴ万国博覧会出品作の《十二の鷹》(東京国立近代美術館蔵)である。実際に鷹を飼って写生を繰り返し、3年をかけて制作したといい、精緻に表された鷹の姿は今にも動き出しそうにすら感じられる。その高い技術が認められ、明治29年には、帝室技芸員に任命された。

鈴木長吉の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名鈴木長吉
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×