金重陶陽

かねしげとうよう
工芸作家 1896(明治29) - 1967(昭和42)

桃山時代から続く窯元六姓の一つ、金重家の末裔である金重楳陽の長男として岡山県和気郡伊部村(現備前市伊部)に生まれる。 14歳、小学校を卒業すると早速、細工物の名手であった父について作陶を始め、22、3歳の頃には伊部を代表とする陶工の一人となる。 当時の備前焼は、花鳥、動物、人物などをかたどった置物、香炉などの細工物が主流で、陶工は「でこ師」と呼ばれていた。細工物を、大正、昭和初期の備前に復活させ、名声を得た陶工の一人である。

金重陶陽「備前沓茶碗」
金重陶陽「備前沓茶碗」
金重陶陽作品の所定鑑定人・鑑定機関
 金重晃介
金重陶陽の作品例一覧
金重陶陽の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名金重陶陽
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×