正阿見勝義

しょうあみかつよし
工芸作家 1832(天保3) - 1908(明治41)

彫金家。津山藩松平家お抱えの装剣金工師の中川家に生まれる。後藤一乗門下に学んだ中川一匠は兄。勝義は18歳で正阿弥家を継ぐが、廃刀令を受けて刀装具の需要がなくなったため、花瓶や置物制作へ転向した。高肉象嵌によって花鳥を表した作品が多く、その色彩感覚と造形技術は同時代の彫金家の中でも群を抜いている。京都の清水三年坂美術館に多数の作品が収蔵されている。

正阿弥勝義の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名正阿弥勝義
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×