社長 田中千秋
鈴木治作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で鈴木治買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし鈴木治の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

鈴木治

すずきおさむ
陶芸・工芸など 1926(昭和元) - 2001年(平成13)

1926年千家十職の永樂工房でろくろ職人として働いていた鈴木宇源治の三男として京都市五条坂に生まれる。
早くから父にろくろの手ほどきを受ける。1943年京都市立第二工業学校(現・京都市立伏見工業高等学校)窯業科を卒業。
戦後、京都の若手陶芸家が集まって結成された青年作陶家集団に参加。1948年八木一夫、山田光らとともに陶芸による新しい造形表現を目指す前衛陶芸家集団「走泥社」を結成。「泥像(でいぞう)」、「泥象(でいしょう)」と名付けた作品を発表した。1960年代からは赤い化粧土を施した焼締め、1971年からは青白磁という主に二つの技法を用いて。馬や鳥などの動物や、風や雲などの自然現象を鋭い造形感覚によって簡明なフォルムで表現した。

鈴木治「亥」
鈴木治「亥」

鈴木治作品の査定のポイント

主に赤い化粧土を施した焼締(やきし)めと、みずみずしい色合いの青白磁(せいはくじ)の二つの技法によって制作された鈴木治の作品には、馬や鳥などの様々な動物や、風や雲など自然現象のイメージから生み出された穏やかな抽象的な「かたち」が力強く鋭い造形感覚で表現されています。
作品の形と題名、そして観る者の抱くイメージが互いに呼応する独自の豊饒な世界は、文学的要素も強めながら近年ますます注目されています。
走泥社で八木一夫らと共に立体造形としての芸術性を求めた陶芸作品が、近年非常に高く評価されています。
ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

鈴木治の作品例一覧

鈴木治の赤い化粧土を施した焼締め、青磁の作品を高く評価します

鈴木治 作品評価実施中

鈴木治の査定・お問い合わせ

鈴木治の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00