荒川豊蔵

あらかわとよぞう
工芸作家 1894(明治27) - 1922(大正11)

画家を目指して京都に上京したが挫折し、宮永東山が経営する東山窯の工場長となる。そこで出会った北大路魯山人に招かれ、昭和2年鎌倉長岡窯に移る。8年大萱に桃山時代と同じ単室窖窯を築く。21年多治見市に水月窯を築く。中国や日本の古陶磁研究、桃山茶陶の技法の復活に熱意を燃やし、やがて古陶の再現を脱した自身の作陶を成熟させた。昭和30年「志野」「黄瀬戸」で重要無形文化財保持者(人間国宝)。46年文化勲章受章。同年豊蔵資料館を開館。

荒川豊蔵「志野茶碗」
荒川豊蔵「志野茶碗」
荒川豊蔵作品の所定鑑定人・鑑定機関
 荒川達
 東京美術倶楽部鑑定委員会
荒川豊蔵の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名荒川豊蔵
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×