近藤悠三

こんどうゆうぞう
工芸作家 1902(明治35) - 1985(昭和60)

陶芸家。1914年京都市陶磁器試験場附属伝習所入所、浜田庄司に指導を受ける。1921年奈良県の富本憲吉の工房助手となる。 以後富本の「模様から模様をつくらず」という精神に感化され、アザミ、葡萄、石榴、山などを自らのスケッチを基に藍色の豪快な筆致で描いた。それらの意匠は堂々たる器形と調和し、作家独自の作風を示している。新匠会会員、1970年紫綬褒章、1977年人間国宝。

近藤悠三「山染付金彩壷」
近藤悠三「山染付金彩壷」
近藤悠三作品の所定鑑定人・鑑定機関
 近藤悠三記念館
 東京美術倶楽部鑑定委員会
近藤悠三の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名近藤悠三
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×