赤塚自得

あかつかじとく
工芸作家 1871(明治4) - 1936(昭和11)

代々漆蒔絵を業とする6代赤松平左衛門の家に生まれる。蒔絵を父に学んだほか、狩野久信、寺崎広業について日本画を学び、更に洋画を白馬会研究所で学ぶ。父の工房の補佐を経て、7代平左衛門を襲名。1925年、漆芸家の六角紫水や鋳金家の香取秀真、陶芸家の板谷波山らと発表の場を求め工芸済々会を結成し、日本橋高島屋などで展覧会を開催。第8回帝展(1927年)から工芸部門が新設されると、こちらにも出品を重ね、帝国美術院会員、帝展審査員にも就任した。

草花蒔絵手箱
草花蒔絵手箱
赤塚自得の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名赤塚自得
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×