三輪休和

みわきゅうわ
工芸作家 1895(明治28) - 1981(昭和56)

山口県萩市、萩藩御用窯三輪家に生まれる。十代三輪休雪(本名邦廣)。祖父である八代に薫陶を受け、昭和2年父九代の隠居にともない十代を襲名。桃山茶陶を研究する一方、萩の源流である高麗茶碗を研究、9年には朝鮮半島へ古陶磁の視察旅行に出かける。また萩独特の白釉似ついて修行、弟とともに「休雪白」と呼ばれる美しい白釉を生みだした。17年に川喜田半泥子、金重陶陽、荒川豊蔵らとともに「からひね会」を結成。翌年萩焼の技術保存指定者に認定、31年には山口県無形文化財「萩焼」に認定、第3回日本伝統工芸展に初入選。42年11代休雪を弟に譲り、「休和」と号する。紫綬褒章受章。昭和45年75歳の時、重要無形文化財保持者(人間国宝)、48年に勲四等旭日小授章受章。56年逝去、享年八十六歳。

三輪休和『萩茶碗』 
三輪休和『萩茶碗』 
三輪休和の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名三輪休和
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×