八木一夫

やぎかずお
工芸作家 1918(大正7) - 1979(昭和54)

陶芸家。1937年京都市立美術工芸学校彫刻科卒業。商工省陶磁器試験所伝習生となる。1948年鈴木治、山田光らと走泥社を結成。陶芸から実用性を排除し、 純粋な造形として新たな表現領域を開拓した。1954年「ザムザ氏の散歩」はその記念碑的な作品として知られている。オステンド国際陶芸展、プラハ国際陶芸展 グランプリ受賞。

黒陶牛
黒陶牛
八木一夫の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名八木一夫
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×