板谷波山

いたやはざん
工芸作家 1872(明治5) - 1963(昭和38)

下館生に生まれる。本名嘉七、波山の号は郷里の筑波山にちなむ。東京美術学校彫刻科で高村光雲らの指導を受けた後、石川県工業学校彫刻科教諭となる。同校で初めて陶芸に打ち込むようになり明治36年職を辞し上京、田端に工房を築く。造形や色彩に意匠を凝らした格調高い磁器、独自の釉薬の考案、彫刻技術を導入した器を制作。単なる伝統文化の継承者ではなく芸術家としての自負を持ち、人間国宝候補は辞退した。昭和28年文化勲章。 「珍花文花瓶」は、宮川香山の作品とともに明治以降の陶器として初の重要文化財に指定されている。

板谷波山「蛋殻磁香爐」
板谷波山「蛋殻磁香爐」
板谷波山作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
板谷波山の作品例一覧
板谷波山の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名板谷波山
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×