黒田辰秋

くろだたつあき
工芸作家 1904(明治37) - 1982(昭和57)

漆匠であった父・黒田亀吉より木工や漆工の技術を体得。しかし、漆芸の分業制に疑問を感じ、作家として一貫制作を志した。1924年ごろ、河井寛次郎の講演に感銘を受け、民藝運動に加わる。その影響を受け、1927年民藝運動の実験工房、上賀茂民芸協団を設立した。1934年志賀直哉らの推奨を受け、初めての個展を開催。1966年には皇居新宮殿の拭漆樟大飾棚、扉飾、椅子、卓を制作している。1970年に重要無形文化財「木工芸」保持者(人間国宝)認定。1971年には紫綬褒章を受章 。

黒田辰秋 『朱捻梅香合』 
黒田辰秋 『朱捻梅香合』 
黒田辰秋作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
黒田辰秋の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名黒田辰秋
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×