音丸耕堂

おとまるこうどう
工芸作家 1898(明治31) - 1997(平成9)

漆芸家。高松に生まれる。十二歳で讃岐彫の石井馨堂に師事して木彫、堆朱、彫漆を修行する。十六歳で独立すると、江戸時代に活躍し香川漆器の基礎を築いた玉楮象谷の遺作を模作して研究する。伝統技法を修得するとともに独自の意匠で彫漆に新生面を切り開いた。また香風会を結成し新工芸運動を行なう。彫漆(多彩な色漆を塗り重ねた後、模様を彫る技法。色漆が層状に表れる)による草花、動物の大胆な図案と色彩感覚、それを活かす造形に優れた。昭和17年「夕顔の図手箱」で第5回文展特選、24年に「水葵の図屏風」で第5回日展特選。28年東京芸術大学の講師となり、 30年に国指定重要無形文化財「彫漆」保持者(人間国宝)に認定。

彫漆紫陽花文箱
彫漆紫陽花文箱
音丸耕堂の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名音丸耕堂
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×