濱田庄司

はまだしょうじ
工芸作家 1894(明治27) - 1978(昭和53)

大正5年東京工業学校窯業科卒業後、河合寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて釉薬の研究に勤しむ。柳宗悦、B・リーチに出会い、リーチと共に渡英し築窯作陶、のち昭和5年から益子で作陶開始。手轆轤によるシンプルな造形、流筆の大胆な模様を得意とする。人間国宝、文化勲章、日本民芸館2代目館長、昭和52年には益子参考館を開館。

浜田庄司「柿釉抜絵皿」
浜田庄司「柿釉抜絵皿」
濱田庄司作品の所定鑑定人・鑑定機関
 浜田晋作
濱田庄司の作品例一覧
濱田庄司の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名濱田庄司
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×