魯山人鑑定:黒田陶苑

東京都中央区銀座7-8-6
03-3571-3223
こちらの作家の鑑定人・鑑定機関です  北大路魯山人
魯山人の鑑定書取得代行承ります

魯山人の場合、銀座黒田陶苑さんで鑑定・箱書きを行っています。
弊社で鑑定取得の代行もいたしますので、お気軽にご相談ください。
魯山人は陶器で有名ですが、書・絵画なども評価が高いです。
そして、どんな作品にも雁物もあり、査定・鑑定は必ずしも簡単でないのが、この魯山人芸術の世界です。

陶芸・書・絵画ともに、弊社では常に探し求めています。もしお持ちのものがあれば是非私ども秋華洞にご相談下さい。

魯山人作品の査定のポイント

魯山人は、比較的晩年の評価が高いです。
前半期の作品は箱書きにも作品本体にも「魯山人」ないし「魯」などの銘を入れますが、
中途から無造作に「ロ」を入れるようになります。
この「ロ」時代の作品に成熟した魯山人芸術が多いのは事実でしょう。

作者自身が箱に署名したものを「共箱(ともばこ)」といい、査定する上で大変重要です。
魯山人の作品は共箱の失われている場合も多く、その場合は、黒田陶苑さんの箱書きが有効です。
ただ、共箱も黒田箱も、それがよいかどうか判断が必要なケースもあり、経験のある専門家の判断が必要です。
また、後期の作品は友斎箱になっており、これも重要な要素です。

箱の裏:魯山人が晩年に交流があった京都の指物師、前田友斎の友斎箱。
美術品の鑑定代行は秋華洞にお任せ下さい

秋華洞では美術品の鑑定取得代行いたします。
03-3569-3620 までお気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 03-3569-3620 受付:年中無休10:00~18:00