喜多川歌麿

きたがわうたまろ
浮世絵師・版画家 ? - 1806(文化3)

江戸の浮世絵師。生年未詳。没年齢は50余歳とされる。出生地も未詳であるが江戸説が有力。はじめは北川豊章と名乗り、天明元年(1881)春から歌麿号を用いる。天明3年より喜多川を画姓とする。 美人大首絵について歌麿は、濃艶な色香、女体の質感、表情・しぐさに表れた微妙な心の襞の描出に傑出した力量を示している。 門人は多く、二代歌麿・藤麿・月麿等は特筆されるが、歌麿に比すべき人は出ず、文政年間(1818~1830)にその系統は絶える。 美人画の名手として後世に及ぼした影響は計り知れない。

ぽっぴんを吹く娘
ぽっぴんを吹く娘
喜多川歌麿作品の査定のポイント

美人画の代名詞にもなっている「歌麿」。特に人気が高いのは「大首絵」といわれる半身図で表情や仕草から女性の内面までも描き出し、人気を集めました。
歌麿の全盛期は寛政4年(1792年)から8年ごろといわれていますが、この間に「婦女人相十品」、「婦人相学十躰」、「歌撰恋之部」などの美人大首絵の傑作を次々と生み出しています。大首絵での構図の以外にも当時人気のあった遊女たちを描いた「当時全盛美人揃」はほぼ全身をローアングルで捕らえ、仕草や姿態からそれぞれの個性を描き分けました。

美人画のイメージが強い歌麿ですが、天明期には版元蔦屋重三郎と組み狂歌絵本の傑作を残しています。それが虫の息遣いをも伝えるような「画本虫撰(えほんむしえらみ)」です。
このほか「潮干のつと」、鳥を主題にした「百千鳥狂歌合」なども残しています。

 

・「婦女人相十品」、「婦人相学十躰」、「青楼十二時」「当時三美人
・「当時全盛美人揃」、「娘日時計」、「歌撰恋之部」、「北国五色墨」、「江戸高名美人
・狂歌絵本「百千鳥」、「画本虫撰」、「汐干のつと

など買取強化中です。
・そのほか肉筆浮世絵作品

喜多川歌麿の作品例一覧
喜多川歌麿の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名喜多川歌麿
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×