歌川広重

うたがわひろしげ
浮世絵師・版画家 1797(寛政9) - 1858(安政5)

号は歌川、一遊斎、一幽斎、一粒斎、東海道、幽斎、歌重、墨林樵者など。 江戸で当時人気の歌川豊国と同門の、歌川豊広の弟子となる。透視図法を取り込んだ巧みな画面構成、遠近の対比などによって描かれた名所絵は海外でも高い人気を誇る。代表作に『東海道五十三次』『東都名所』『名所江戸百景』等。 また『名所江戸百景』は後にゴッホが模写したことでも有名である。

亀戸梅屋敷
亀戸梅屋敷
歌川広重作品の査定のポイント

歌麿や葛飾北斎と並んで、最も有名な浮世絵師の一人です。「東海道五十三次之内」のヒットで風景画の広重として知られています。実は生涯に20種以上の「東海道もの」の浮世絵を出している広重。その中でも特に有名で、広重自身の出世作になったのが”保永堂版”といわれるものです。シリーズの中でも評価が高いもの(日本橋、庄野、蒲原など)とそれほどでもないものがあります。

秋華洞では浮世絵の状態とともに、その作品の需要(簡単に言うと人気度)も併せて総合的に査定します。また近年、東海道五十三次之内(保永堂版)をしのぐ勢いで人気が高まっているのが、広重の晩年の作品「名所江戸百景」です。これはすべて竪絵(たてえ、風景画は縦に描くのは難しいとされている)で描かれた江戸とその近郊の名所図で、中にはゴッホが模写した「亀戸梅屋舗」、「大はしあたけの夕立」なども含まれています。この作品は沢山摺られているため、古い摺りが新しい摺りかで評価も変わってきます。(初摺りや初期のものは線もシャープでぼかしなどが多用されているため、美しさは格別。) このほか短冊の花鳥画、「魚づくし」、「京都名所」、「近江八景」などさまざまな人気の高い作品があります。

これらの広重作品をお持ちの方はぜひご相談ください。

歌川広重の作品例一覧
歌川広重の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名歌川広重
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×