吉田博

よしだひろし
洋画家 浮世絵師・版画家 1876(明治9) - 1950(昭和25)

福岡県生まれ。日本国内では風景画家、山岳画家として活躍する一方、明治32年、23歳のときより数度に渡って渡米、 デトロイト美術舘、シカゴ美術館、ボストン美術館をはじめ多くの美術館で水彩・油彩画の展覧会を開催。外国での知名度も高い。大正9年(44歳)頃より伝統木版画の制作を開始し、大正14年から自ら版元となり木版画出版に新境地を開いた。明治、大正、昭和にかけての風景画家の第一人者として知られる。

吉田博「瀬戸内海集 光る海」
吉田博「瀬戸内海集 光る海」
吉田博作品の査定のポイント

近年吉田博の作品の人気が高まっています。吉田博というと川瀬巴水と並んで近年「新版画」の作家として知られていますが、水彩画に感銘を受け、洋画から画業をスタートしました。
主に風景画を描き、アメリカで自作を売って生活の資を得るなどしたあと、太平洋画会や官展を舞台に活躍を続けました。
吉田が好んで描いた画題は「山」。実際に高山に登り、新たな視界から作品を残し「山の画家」といわれています。沢山の山の作品を残していますが、新版画の中で特に人気が高いのは、野営の夜明けの一瞬を描いた「劔山の朝」「鎗ヶ岳」「烏帽子岳の旭」などを含む日本アルプス十二題です。吉田博は還暦の頃まで毎年夏には日本アルプスを訪れ、ふた月ほど滞在していました。
また、2016年から生誕140年を記念して開催された展覧会で話題を呼んだ“ダイアナ妃”が執務室に飾っていた瀬戸内海集光る海」や「帆船」シリーズも高い人気があります。大正10年に吉田は帆船三部作を版元渡邊庄三郎の元で制作していますが、関東大震災で版木のすべてと作品のほとんどを失います。「瀬戸内海集」として出したものは私家版として再度挑戦したもので、朝、午前、夜など時間のバリエーションを6つに増やしています。吉田博は舟を借り切って、移り行く光の様子を写生したそうです。

吉田博の買取ならぜひ秋華洞にお任せください。

吉田博の作品例一覧
吉田博の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名吉田博
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×