浅井忠

あさいちゅう
洋画家 1856(安政3) - 1907(明治40)

幼名は忠之丞、のち常保。明治9年国沢新九郎の画塾彰技堂に学ぶ。同年工部美術学校に第一期生として入学、フォンタネージに師事。11年、師フォンタネージの帰国を機に同校退学、十一字会を結成。22年明治美術会創立に参加、「春畝」(重要文化財)を出品する。28年内国勧業博覧会で妙技二等賞。31年より東京美術学校教授となり、33年~35年、西洋画を学ぶために渡仏。帰国後35年より京都高等工芸教授を務める。36年聖護院洋画研究所創立。のち関西美術院長を務める。日本洋画の発展に尽力するとともに、日本画や、陶芸、漆芸の図案制作など工芸の分野にも、優れた作品を創作した。享年51歳。

浅井忠「農婦帰路」
浅井忠「農婦帰路」
浅井忠作品の査定のポイント

その作家それぞれに評価額が決まるポイントがあります。

【テーマ・図柄】Q:高く売れる図柄はありますか?
美術品は描いてある図柄によって、評価が大きく変わります。やはりその作家の人気テーマのほうが評価額も高いものです。しかしながら、浅井忠の場合、とくに決まった図柄が高いとはいえないと思われます。野山や田畑などの風景を描いたものが印象的ですけれども、一点一点の出来栄え次第ともいえますね。

【鑑定書】Q:鑑定書がありません。取ってから持ち込んだほうが良いですか?
浅井忠の場合、美術商の協同組合「東京美術倶楽部」で鑑定・登録を行っています。
弊社では鑑定書取得の代行もいたします。時代が古い作品でもあり、鑑定・査定は容易ではありませんが、いずれにしても明らかな贋作の場合は出さないほうが余計なお金を使わなくてすみます。まずはご不明な点がございましたら秋華洞にご相談下さい。

浅井忠作品の所定鑑定人・鑑定機関
 東京美術倶楽部鑑定委員会
浅井忠作品の相続

秋華洞では、浅井忠作品の買取だけでなく、相続査定評価書の作成も行っています。
相続や企業様の美術品評価が必要な場合はお気軽にご相談ください。

浅井忠の査定は秋華洞にお任せください

昭和の洋画壇を代表する浅井忠は弊社でもご相談が多い作家です。油絵の他、木版による図案画なども査定いたします。ただ、人気ゆえに贋作も多く見受けられます。明らかな贋作はプロが見ればすぐわかりますので、ぜひご相談下さい。

浅井忠の作品を大事にしていただける次の所有者をお探しするのが私どもの仕事です。浅井作品のご売却、お取引の際は、ぜひとも私どもにご相談ください。

浅井忠の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名浅井忠
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×