川上冬崖

かわかみとうがい
洋画家 1828(文政11) - 1881(明治14)

8歳の頃江戸に出、大西椿年に四条派を学ぶ。安政3年頃、幕府洋学研究機関の蕃書調所へ入所するも、画才を買われ翌4年絵図調出役を命じられ、同所における正式な洋画法研究の最初となる。文久元年、同所画学局設置に伴い高橋由一らを指導。明治維新後、大学南校の図画御用掛となり、ついで文部中助教授。明治7年には陸軍士官学校図画教授。明治2年からは自宅に私塾聴香読画館を設け、小山正太郎や松井寿らが学ぶ。内国勧業博覧会審査官。挿絵を手がけた書に、『輿地誌略』、『西画指南』、自著『写景法範』。自作の油彩画は少なく、趣味の文人画のほうが多く残る。

風景(東京国立博物館)
風景(東京国立博物館)
川上冬崖の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名川上冬崖
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×