向井潤吉

むかいじゅんきち
洋画家 1901(明治34) - 1995(平成7)

1914年、京都市美術工芸学校へ入学するも1916年には中退、関西美術院に入り伊藤快彦らの指導を受ける。 1920年に上京して川端画学校へ通い、第七回二科展に入選。その後京都に戻り関西美術院幹事になる。1927年、渡仏してパリのグラン・ショーミエールに通い、欧州各地を巡遊後、1930年に帰国。滞欧中には古典の研究を積み、フォーヴや表現主義的作風も試みたが、1934年には写実主義に画風を定める。戦時中には従軍し戦争記録画も制作。1945年には行動美術協会を結成。同年制作した「雨」を始まりに日本の民家をモチーフにした作品を多く制作する。1961年にはアトリエを焼失し貴重な作品・資料を失うが、翌年に再建し、現在のアトリエ館となっている。

春 -杏花の村-
春 -杏花の村-
向井潤吉の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名向井潤吉
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×