笠松紫浪

かさまつしろう
浮世絵師・版画家 1898(明治31) - 1991(平成3)

東京・浅草に生まれる。本名は四郎。14歳で鏑木清方に師事し、日本画を学ぶ。清方の勧めで、大正5年頃より版画制作を始めたといい、大正8年には、渡邊版画店から《青嵐》を刊行する。1960年代からは、自刻自摺の版画作品の制作も行った。昭和の東京を、透き通った色彩で情緒豊かに表した作品で知られる。

笠松紫浪「温泉の朝 信州野澤」
笠松紫浪「温泉の朝 信州野澤」
笠松紫浪の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名笠松紫浪
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×