菊川英山

きくかわえいざん
浮世絵師・版画家 1787(天明7) - 1867(慶応3)

浮世絵師。菊川派の祖。狩野東舎の門人であった父と、葛飾北斎のもとに学んだ友人・魚屋北渓を通し、狩野派・北斎派の画風を習得する。1806年に人気絶頂のさなかに急死した喜多川歌麿にかわり、歌麿風の美人画の制作を始めたが、次第にその画風は、上品な雰囲気のなかに儚さをたたえたやわらかな女性像へと変化していく。天保中期には大錦竪二枚続の美人画を考案し、縦長の画面の中で、すらりと立つ優美な女性を表現した。

酒機嫌浮禮踊
酒機嫌浮禮踊
菊川英山の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名菊川英山
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×