社長 田中千秋
岩佐又兵衛作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で岩佐又兵衛買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし岩佐又兵衛の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

岩佐又兵衛

いわさまたべい 
絵師など(江戸まで) 1578(天正6) - 1650(慶安3)

摂津国生まれの絵師。伊丹城主の荒木村重の子として生まれる。名は勝以(かつもち)、通称又兵衛、道蘊(どううん)、碧勝宮(へきしょうぐう)と号した。2歳の時の1579年に荒木村重が主君織田信長に謀反を起こし失敗すると、母は六条河原で処刑された。また一族郎党がほとんど殺された中、一命を取り留めて石山本願寺にかくまわれる。10歳で秀吉の北野の茶会に参加したという。信長による一族虐殺を生き延び、母方の姓である岩佐を名乗った。狩野重郷に師事し大和絵土佐派を学ぶ。その後母方の姓、岩佐を名乗り狩野派や曽我派などを学んで京都で絵師となる。1615年、大阪夏の陣で豊臣氏が滅亡したのちは、福井に移住。1637年には第二代将軍の秀忠に招かれ江戸に移り住む。家光の娘・千代姫が尾張徳川家に嫁ぐ際の婚礼調度の制作。仙波東照宮「三十六歌仙図額」制作。1650年、他界。享年73歳。

岩佐又兵衛の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名岩佐又兵衛
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×