桑山玉洲

くわやまぎょくしゅう
書画作家 1746(延享3) - 1799(寛政11)

和歌山に生まれた文人画家で、名は嗣燦、字は明夫。池大雅に兄事した。やわらかな色調の山水画を数多く描き、文人画の展開を跡付けた。文人画論「絵事鄙言」が名著として名高い。祇園南海・桑山玉洲・野呂介石の三人の画人を総称して、紀州の「三大文人画家」といわれる。大成者大雅、蕪村らを引き継ぐ形で画を模索し、後期の玉堂、木米、竹田らの活躍へと文人画の展開をつなげた玉洲の役割は意義深い。

若浦図巻
若浦図巻
桑山玉洲の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名桑山玉洲
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×