狩野探幽

かのうたんゆう
書画作家 1602(慶長7) - 1674(延宝2)

狩野永徳の孫に当たり年少の頃より、徳川幕府の御用画師として活躍した。永徳風の誇張された表現を脱し、瀟洒淡麗といわれる画風を展開する。やまと絵の優美な彩色世界と自己の画風の融合、さらには中国画を含む古画学習や写生に取り組み、新しい画風・画題を追求した。その個人様式は狩野派全体に徹底され、江戸狩野様式となった。「雪中梅竹遊禽図襖」(名古屋城上洛殿三之間北側四面)の余韻ある余白は探幽様式の典型である。

雪中梅竹遊禽図襖 (名古屋城上洛殿三之間北側四面)
雪中梅竹遊禽図襖 (名古屋城上洛殿三之間北側四面)
狩野探幽の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名狩野探幽
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×