社長 田中千秋
雲谷等顔作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で雲谷等顔買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし雲谷等顔の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

雲谷等顔

うんこくとうがん
絵師など(江戸まで) 1547(天文16) - 1618(元和4)

桃山・江戸初期の画家。雲谷派の祖。肥前国津郡(佐賀県鹿島市)生まれ。本名は原治兵衛直治。能古見城主原豊後守直家の次男。父の討死により家門が絶え、上京して狩野派に入門、画家を志したと伝えられる。狩野永徳あるいはその父松栄に師事。天正年間(1573~92)末に毛利輝元に召し抱えられたのちも狩野等顔と名乗ることがあった。1593年輝元より雪舟の「山水長巻」とその旧居雲谷軒を拝領すると同時に出家する。名も庵号雲谷と雪舟の諱等楊の1字をとって雲谷等顔と改め、雪舟の画系を継承した。因みに等顔は雪舟3世を名乗る。自らの作品の落款にしばしば「雪舟末孫等顔」とする。関ケ原の戦後に毛利氏が周防・長門の2国に削封された際は、長男等屋を広島に残し、自らは毛利氏に従い萩に移った。その活躍は萩・山口地方にとどまらず京都や江戸の藩邸などでも障壁画を制作する。1611年法橋、のち法眼にも叙せられる。1618年、歿。享年72歳。

 

 

 

雲谷等顔の査定・お問い合わせ

査定、ご相談はお電話(0120-126-510)か下記フォームからお気軽にお問合わせください。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00

CPI SSL サーバー証明書

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名雲谷等顔
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はbuy@aojc.co.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×