土佐光起

とさみつおき
書画作家 1617(元和3) - 1691(元禄4)

土佐光則の子。父に伴って堺から京都に移住、保守的な土佐家の画風を踏襲しながらも、狩野派の画風を加え江戸時代的な土佐画風の基礎を作った。室町期以来絶えていた絵所を再興、宮廷絵所預に任ぜられる。花鳥では特に「鶉」の図を得意とした。晩年、子の光成に譲って剃髪し、常昭と号し法橋に叙せられる。

土佐光起の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名土佐光起
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×