青木木米

あおきもくべい
書画作家 1767(明和4) - 1833(天保4)

江戸後期の陶工,南画家。通称木屋佐兵衛。幼名を八十八といい、合わせて木米と称した。他、聴力を失って後、聾米とも称す。高芙蓉,木村蒹葭堂と交わり文人としての素養を身につけ,田能村竹田,頼山陽の知遇を得た。作品は染付、青磁等の煎茶器を主とし、墓石に見られる「識字陶工木米之墓」という文字からは生涯陶工としての精神を貫いた事がわかるが、また書画詩文にも高韻あるものを残した。代表作に「兎道朝暾図」(東京国立博物館蔵)がある。

兎道朝暾図
兎道朝暾図
青木木米の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名青木木米
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×