社長 田中千秋
森狙仙作品の買取は、絵画骨董買取プロにお任せください。
絵画骨董買取プロ社長の田中です。弊社は親子三代80年の買取実績があります。電話、メール、お手紙で森狙仙買取のご依頼を受け付けています。 スタッフ一同、丁寧な対応を心がけています。もし森狙仙の作品をお持ちでしたら、ぜひ絵画骨董買取プロにご相談下さい。

森狙仙

もりそせん
絵師など(江戸まで) 1747(寛延元) - 1821(文政4)

江戸時代後期の画家。号に、祖仙、如寒斎、霊明庵がある。父・森如閑斎と山本如春斎に師事し、狩野派の技法を学ぶ。30代後半ごろから円山応挙や沈南蘋らの作品に私淑し、写実を重視する画風へと転じる。主に動物画を描き、なかでも猿の絵を得意とした。その作品は、柔らかな体毛やいたずらっぽい目など猿の外面を的確に描写しているだけでなく、子の毛繕いをしてやる親猿の優しい表情や、口に何かを含み驚いたように目を丸くする様子など、猿の内面をもユーモラスに描き出している。甥であり、円山応挙の高弟でもあった徹山を養子とし、一鳳、寛斎へと続く大阪森派の礎を築いた。

森狙仙「双猿図」
森狙仙「双猿図」

森狙仙の作品例一覧

森狙仙の査定・お問い合わせ

森狙仙の査定・お問い合わせはこちらよりお申込み下さい

ご相談はお電話(0120-126-510)、メールLINEからも承ります。

まずはお気軽にお電話ください。 0120-126-510 受付:年中無休10:00~18:00