森狙仙

もりそせん
書画作家 1747(寛延元) - 1821(文政4)

江戸時代後期の画家。号に、祖仙、如寒斎、霊明庵がある。父・森如閑斎と山本如春斎に師事し、狩野派の技法を学ぶ。30代後半ごろから円山応挙や沈南蘋らの作品に私淑し、写実を重視する画風へと転じる。主に動物画を描き、なかでも猿の絵を得意とした。その作品は、柔らかな体毛やいたずらっぽい目など猿の外面を的確に描写しているだけでなく、子の毛繕いをしてやる親猿の優しい表情や、口に何かを含み驚いたように目を丸くする様子など、猿の内面をもユーモラスに描き出している。甥であり、円山応挙の高弟でもあった徹山を養子とし、一鳳、寛斎へと続く大阪森派の礎を築いた。

森狙仙の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名森狙仙
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×