長沢蘆雪

ながさわろせつ
書画作家 1754(宝暦4) - 1799(寛政11)

丹波篠山藩士から山城淀藩士となった上杉彦右衛門の子として生まれ、のちに長沢家をついだ。名は政勝あるいは魚(ぎょ)、字は氷計。当時の京都画壇の中心的存在であった円山応挙に入門、穏やかな師の画風とは異なる、機知にあふれた鋭い個性的表現によって、多くの門人のなかで異才を示し、頭角をあらわした。 天明6年(1786)冬以降、南紀(和歌山県)の諸寺院(無量寺・草堂寺など)の障壁画制作を師に代わって遂行。 その大胆な画面構成、奔放な筆づかいなどは特筆される。 その後島根県西光寺、 奈良薬師寺、 豊橋市正宗寺など、数々の障壁画を制作した。 寛政4年 (1792)5月以後に右肩を欠失した氷形「魚」印は、制作年判定の指標となっている。落款書体も、その前後に行書から草書へと変化した。寛政6年冬、広島へ下向、≪宮島八景図≫画帖(個人蔵、重要文化財)などをのこし、翌7年、兵庫県大乗寺の障壁画を制作。46才のとき、大阪で客死した。晩年の≪海浜奇勝図屏風≫(メトロポリタン美術館蔵)、≪赤壁図屏風≫(個人蔵)などには、自由な主題解釈、さまざまな造形の実験が見られ、独自の生命感あふれる表現をしめしている。個性的画家として、評価は近年とみに高まっている 。

長沢芦雪「群猿図」(襖絵部分・大乗寺所蔵)
長沢芦雪「群猿図」(襖絵部分・大乗寺所蔵)
長沢蘆雪の作品例一覧
長沢蘆雪の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名長沢蘆雪
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×