岡本秋暉

おかもとしゅうき
書画作家 1807(文化4) - 1862(文久2)

小田原藩士、名は隆仙、字は柏樹、通称祐之丞、「秋暉」はその号で晩年は秋翁とも号した。渡辺崋山、ついで大西圭斎に師事したといわれ、関東文人画の末流として理解されている。椿椿山らとともに崋山十哲に数えられる。極彩色の花鳥画を得意とし、独特の濃密な作風で知られるが、その作品制作は濃彩から墨画、大画面から小画面まで、花鳥画のほか走獣画や藻魚図、人物画など幅広い。江戸時代後期の長崎派画風を展開させた主要な画家である。

岡本秋暉「牡丹孔雀図」
岡本秋暉「牡丹孔雀図」
岡本秋暉の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名岡本秋暉
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×