曾我蕭白

そがしょうはく
書画作家 1730(享保15) - 1781(天明元)

江戸時代の絵師。京都に生まれる。「丹波屋」と号する商人の子として生まれ、本姓を三浦と称した。高田敬輔に師事したとの説があるが、この事実を立証する確たる証拠はない。青年期から壮年期にかけて、伊勢や播州地方で旺盛な作画活動を続けながらも京都での活動基盤をもたず、四十歳代になってようやく京都に定住するようになった。江戸時代の画史においてすでに「異端」「狂気」の画家と位置付けられていた蕭白の絵は、仙人、唐獅子、中国の故事など伝統的な画題を扱いながら、その画題を醜悪、剽軽に描き出すなど表現は型破りで破天荒なものであり、見る者に強烈な印象を与える。

拾得図(興聖寺蔵)
拾得図(興聖寺蔵)
曾我蕭白の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名曾我蕭白
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×