田能村竹田

たのむらちくでん
書画作家 17777(安永6) - 1835(天保6)

豊後(大分)の藩医の家に生まれ、藩政への批判から員隠遁して文人的生活に入った。初め南蘋系作風の完成された画を描いたが、南宗画法を意識した作画も同時期に始まっている。また頼山陽、 青木木米ら京、大阪の文人・画人との親交が文人画・正統派南宗画法への興味を後押ししたと言われる。中国画の学習と実景の融合から確立された竹田画風は、観る者の視線を画中に誘う巧みな画面構成を特徴とする。

田能村竹田「船窓小戯帖」
田能村竹田「船窓小戯帖」
田能村竹田の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名田能村竹田
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×