浦上玉堂

うらがみぎょくどう
書画作家 1745(延享2) - 1820(文政3)

江戸中期の文人画家。岡山藩の支藩鴨方藩の藩邸に生まれる。幼名磯之進。16歳のころに出仕し、以後大いに文武の道に励み順調に出世する。江戸在勤中、多紀藍渓に琴を、玉田黙翁に儒学を師事、画家の谷文晁らの文人と交わり、琴や詩、書画などひろい学芸、教養を身につけた。35歳のとき、中国・明の顧元昭作と伝わる「玉堂清韻」の銘のある名琴を入手したことから「玉堂」を名乗るようになる。藩務もよく努めたが、詩書画にふける生活を送っていたことから、周囲の評判は芳しくなく、49歳のとき官職を退き、50歳で2人の息子をつれて脱藩。以後、全国各地を遊歴しながら得意の琴や書画を中心とする自由な生活をおくった。

東雲篩雪
東雲篩雪
浦上玉堂の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名浦上玉堂
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×