尾形光琳

おがたこうりん
書画作家 1658(万治元) - 1716(享保元)

江戸中期の絵師・工芸家。京都の裕福な呉服商の次男として生まれる。尾形乾山の実兄。経済的に何不自由のない恵まれた環境の中で成長する。30歳(1687)の時父親が亡くなり莫大な遺産を相続するが、放蕩三昧の生活を送って遺産を使い果たし、弟の乾山からも借金をするほど経済的に困窮していった。それが皮肉にも画家光琳の誕生のきっかけとなる。初め山本素軒に狩野派を学ぶ。その後俵屋宗達に影響を受け、それに独特の華麗で装飾的な表現を盛り込み、光琳派(琳派)と呼ばれる作風を確立した。大名家の庇護のもと、江戸に5年間ほど移り住むが、晩年は京都に戻り絵画の大作を手がける他、弟の乾山の陶器の絵つけ、うちわ、着物、硯箱など工芸方面でも多彩な活動を行った。

槇楓図屏風(東京芸術大学芸術資料館蔵)
槇楓図屏風(東京芸術大学芸術資料館蔵)
尾形光琳の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名尾形光琳
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×