沈南蘋

しんなんぴん・ちんなんぴん
中国諸作家 1682(清・康煕21) - ?

清代初期に活躍した画家。名は銓、字は衡斎。南蘋は号であり、中国本土では一般的に沈詮と呼ばれる。浙江省呉興の人。絹織物商だった南蘋の父は、息子を連れて胡湄の家に行くたびに、彼の描く様子を傍らで見続け立ち去らない南蘋の姿を見て、胡湄に入門させたと伝えられている。清朝に仕える宮廷画家であったが、雍正9(1731)年12月に徳川吉宗の招聘により来日。滞在期間は短く、雍正12(1733)年9月には帰国したが、その間に熊斐に画風を伝え、以後の日本絵画に大きな影響を与えた。帰国後は浙江・江蘇省地方を中心に活動したと伝えられている。

福禄寿
福禄寿
沈南蘋の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名沈南蘋
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×