呂紀

りょき
中国諸作家 1439(明・正統4) - 1505(明・弘治2)

明代中期の宮廷画家。字は廷振、号は楽愚、または楽漁。浙江省寧波の人。孝宗年間、仁智殿に籍を置き、官職は錦衣衛指揮にまで昇った。初め辺文進に学び、後に唐宋代の諸名家を倣いながら、工筆と写意法を結び付け、特に花鳥画の分野に於いて多様な風格を表した。同時代の林良が写意的な水墨花鳥画を描いたのに対し、装飾的な着色花鳥画に本領を発揮したため写生派と評された。

四季花鳥図(東京国立博物館)
四季花鳥図(東京国立博物館)
呂紀の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名呂紀
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×