祝允明

しゅくいんめい
中国諸作家 1460(明・天順4) - 1526(明・嘉靖5)

明代中期の文人書家。字は希哲、号は枝山など。江蘇省長洲の人。楷書を李応禎に、草書を徐有貞に学び、後に王義之の楷書、懐素の狂草などを学んで独自の書風を確立した。特に小楷書と狂草の評価が高い。文徴明、唐寅など当時一流の文人達との交流も深く、放縦な生涯を送りながらも、詩文を良くしたため「呉中四才子」の一人にも数えられた。また彼にまつわる逸話は多く、右手に指が6本あったことから「枝山」と号したとも伝えられている。代表的な作品に「楷書出師表巻」(東京国立博物館)などがある。

前後赤壁賦(東京国立博物館)
前後赤壁賦(東京国立博物館)
祝允明の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名祝允明
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×