徐渭

じょい
中国諸作家 1521(明・正徳16) - 1593(明・万暦21)

明代末期の書画家。諱は渭。字をはじめ文清、のちに文長と改めた。天地・青藤・田水月・天池漱生・天池山人・海柳仏・山陰布衣など多くの雅号を持つ。浙江省山陰の人。14歳の時に義母が没し精神的な支柱を失い、さらに19歳の若妻が亡くなるという不幸が重なる。科挙に受からず役人になることはできなかったため、やむなく家塾を営んだが生活は貧窮した。友人を頼って各地を転々とするうち、紹興に侵入した倭寇の討伐軍に友人らと参加。戦果を挙げたことで胡宗憲から秘書として迎えられる。胡宗憲は徐渭の文才を見抜き様々な文章の代筆を依頼したが、のち胡宗憲が不正事件に連座し失脚。有力な後ろ盾を失い生活は再び困窮して、次第に精神が不安定になっていく。一旦は北京に職を見つけるがすぐに辞め紹興に戻った。45歳になると狂気から妻を殺害。7年の獄中生活を送る。釈放後、杭州、南京など中国各地を遊歴。73歳で亡くなった。

花卉雑画巻・部分(東京国立博物館)
花卉雑画巻・部分(東京国立博物館)
徐渭の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名徐渭
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×