潘天寿

はんてんじゅ
中国諸作家 1897(清・光緒23) - 1971(中華人民共和国)

近代中国の書画家。浙江省寧海の人。7歳で村の塾に入ったが、暇を見つけては小説の挿絵を模写していたという。高等小学校に入学して間もなく、『芥子園画伝』と顔真卿の法帖を買って臨模に取り組んだという。師範学校卒業後は小学校教師を経て、上海美術専科学校国画科の教授に着任。ここで中村不折・小鹿青雲共著の『支那絵画史』を元に講義をしながら『中国絵画史』を著し、1926年に刊行した。ほか上海では呉昌碩・黄賓虹・劉海粟を始め多くの画家と交遊した。戦後は中国美術家協会副主席を務めるなど、新中国の美術画壇に大きな影響を及ぼした。画風は徐渭・八大山人・石涛らの影響を受けており、写意花鳥及び山水を得意としていた。また書にも優れていたことで知られる。

菊岩鳴禽
菊岩鳴禽
潘天寿の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名潘天寿
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×