惲寿平(惲格)

うんじゅへい(うんかく)
中国諸作家 1633(明・崇禎6) - 1690(清・康煕29)

清代初期の書画家。名は寿平、号は南田。江蘇省武進の人。幼少の頃より伯父の惲向に画を学んだ。惲向は元代の画家・黄公望を学習しており、その画風は奥行き深く雄健であった。王翬の山水画を目にし、王翬に、「この道はあなたの独壇場で、恥ずかしいことに私は天下の二番手です。」と述べた。そこで花卉画の研究に専心し、没骨花卉で名を知られた。花葉や枝の輪郭線を描かず、色や墨で直接花や葉を描き、独自の風格を生み出した。

荔子綬帯図
荔子綬帯図
惲寿平(惲格)の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名惲寿平(惲格)
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×