翁方綱

おうほうこう
中国諸作家 1733(清・雍正11) - 1818(清・嘉慶23)

清代中期の書家、文学者。字を正三、号は覃渓・蘇斎など。北京の人。1752年、19歳で進士に及第し翰林院に入る。各省の提督・学政を歴任後、内閣学士に就任。多くの俊英を育て、銭大昕・黄易らと交流する。経学・史学・文学に詳しく、詩論の肌理説を唱道した。文壇の大御所として君臨し、当時北京に赴いた碑学派の鄧石如を排除した。また碑文・法帖の考証学的研究に於いても多くの優れた業績を残す。書はすべての書体に優れ、劉墉・梁同書・王文治らと並んで「帖学派の四大家」と賞賛される。

翁方綱
翁方綱
翁方綱の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名翁方綱
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×