藍瑛

らんえい
中国諸作家 1585(明・万暦13) - 1666(清・康煕5)

明末清初の画家。字は田叔、号は蝶叟・石頭陀など。銭塘(現在の浙江省杭州)の人。浙派と呉派を折衷した「南北合法」と呼ばれる新画風を拓き、「浙派の殿将」と称された。山水は黄公望や呉鎮、南宋院体に学び、人物花鳥画にも長じた。藍瑛の南北合法は日本の画人にも大きな影響を与え、その画法は谷文晁渡辺崋山・渡辺玄対らにも継承されている。

湖西吟趣
湖西吟趣
藍瑛の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名藍瑛
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×