楊守敬

ようしゅけい
中国諸作家 1839(清・道光19) - 1915(中華民国4)

清代末期の学者、書家。字は惺吾、号は鄰蘇。湖北省宜都の人。同治元年(1862)、挙人及第する。博学で知られ、とくに「水経注」の研究で知られる。また明治13年(1880)に来日した際には日本に伝存する中国古書を収集・研究し「日本訪書志」を著した。帰国後は勤成学堂の総教長を務めた。鄰蘇園を築き、多くの蔵書を所有していた。欧陽詢の書風を受け継いだ能書家としても知られ、晩年は上海に寓居して、書を売って生計を立てた。

書対聯
書対聯
楊守敬の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名楊守敬
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×