趙之謙

ちょうしけん
中国諸作家 1829(清・道光9) - 1884(清・光緒10)

清朝後期の書画家。字は撝叔、号は悲盦など。浙江省会稽の人。はじめ顔真卿を学んだが、三十代後半辺りから包世臣が提唱した「逆入平出」の筆法を実践し、北魏造像記風の楷書をはじめ、各書体に優れた作品を多く遺した。篆刻にも優れ、多くの金石資料を応用した印や、自ら学び得た篆書を用いて製作した印に名品が多く、現在でも手本とされている。また徐渭などに倣った花卉画にも優れた。

篆隷書四屏(上海博物館)
篆隷書四屏(上海博物館)
趙之謙の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名趙之謙
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×