黄冑

こうちゅう
中国諸作家 1925(中華民国14) - 1997(中華人民共和国)

近代中国の画家。河北省蠡県の人。12歳の時から独学で画を学び、14歳で正式に師について学び始める。日中戦争中は家族と共に陝西省へ疎開して、後に西安に移り、当地で呉昌碩の門人趙雲壑に認められ入門することとなる。後、人民解放軍に加わり、蘭州や新疆の軍区で少数民族の写生に取り組んだ。新中国建設後は各種展覧会に作品を出品して数々の賞を獲得。中国画研究院副院長や中国政協書画室副主任を歴任する。辺境の地域を舞台にした豪放な画で知られる。驢馬や駱駝などのモチーフを特に得意とする。

喀什噶爾人物
喀什噶爾人物
黄冑の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名黄冑
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真05を追加する

写真05 ×

写真06を追加する

写真06 ×

写真07を追加する

写真07 ×

写真08を追加する

写真08 ×

写真09を追加する

写真09 ×

写真10を追加する

写真10 ×