査士標

さしひょう
中国諸作家 1615(明・万暦43) - 1698(清・康煕37)

清代初期の書画家。字は二瞻、号は梅壑散。安徽省休寧の人。はじめ科挙を目指したが、 明が滅び清王朝が成立すると仕官の道を捨て、楊州に流寓して詩書画に専念する生活を始 めた。家が豊かで多く宋元画の真蹟を蔵していたため、書画鑑定にも精しかったという。 書は米芾と董其昌を学んで、「米・董の再出」と評された。「後乙卯生」という号がある が、これは董其昌と同じ干支に生れたことに因んだ号である。国内の主要作品として中国 書画蒐集家・山本悌二郎の旧蔵品であった《行書鮑防上巳寄孟中丞詩》(澄懐堂美術館蔵) が知られる。同郷の漸江と共に「新安四家」の一人に挙げられる。

査士標の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名査士標
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×