伊孚九

いふきゅう
中国諸作家 1698(清・康煕37) - ?

清代初期の貿易商・書画家。名は海。号は也堂・莘野耕夫など。浙江省呉興の人。厦門の船主で享保5(1720)年に長崎へ渡来して以降、延享4(1747)年までに6度ほど来日した。主に馬を商う貿易商で、清朝国禁の軍用馬を幕府の御用馬として舶載してきた功労により褒賞を受けた記録が残されている。余技として南宗画風の山水画をよくした。長崎の清水伯民が門弟となっている。桑山玉洲は『絵事鄙言』で「舶來清人中の逸格」と絶賛。池大雅や野呂介石、悟心元明らが、私淑し大きな影響を受けた。費漢源・張秋谷・江稼圃と並んで来舶四大家と呼ばれている。南宗画を伝え、池大雅らに影響をあたえた。

伊孚九の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名伊孚九
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×