仇英

きゅうえい
中国諸作家 1509(明・正徳4) - 1551(明・嘉靖30)

明代後期の画家。字は実父、または実夫。号は十洲と称した。太倉(現在の江蘇省蘇州)の人。下層階級の漆工から身を起こし、宋・元の名作の臨模を通じて一家をなす。徹底して売画生活を送り、春画を数多く描いた画家としても知られる。苦学発奮、名家大家のよいところを取り入れ、独自の画風を打ち立てた仇英。やがて唐寅、文徴明、沈周らと並び明四大画家の一人と持て囃されたが、現存する作品例は少ない。

仇英
仇英
仇英の査定・お問い合わせ

お名前
お電話番号
都道府県
メールアドレス
作家名仇英
その他問い合わせたい作家があればご入力ください。
備考画題、絵の大きさなどおおよそお知らせください。
また、今回ご相談されるきっかけ、理由について簡単にお書きください。

写真
作品写真がもしあれば添付してください。
1点につき3MB以下、合計でも8MBを超えないファイルサイズでお願いします。
※フォームで送れない場合はinfo@syukado.jpにメールでお送り下さい。
写真1 ×
写真2 ×
写真3 ×
写真4 ×

写真5を追加する

写真5 ×

写真6を追加する

写真6 ×

写真7を追加する

写真7 ×

写真8を追加する

写真8 ×

写真9を追加する

写真9 ×

写真10を追加する

写真10 ×